スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石鎚山登山2

2011年11月

愛媛県西条市の【石鎚山(いしづちさん)】1982mを登山。
これで2度目。
前回、目前で断念して登れなかった西日本最高峰に位置する
天狗岳を目指します。

天気が悪かったので、比較的登りやすい『土小屋ルート』
登ることにしました。
このルートは石鎚土小屋から尾根伝いに約4.6km、
山頂まで約2時間30分のコースです。
登山口には石鎚神社土小屋遙拝殿やレストラン、
宿泊施設があり、駐車場も無料。

というわけで、まずは車で
石鎚山土小屋・石鎚スカイラインを目指して出発。
松山自動車道『いよ西条IC』で下り、国道11号線の
加茂川橋交差点を左折。(この交差点にコンビニあり)
国道194号線を南へ。

ちなみに県道の交差点を右折すると
石鎚登山ロープウェイ山麓下谷駅方面です。
今回はひたすら、国道194号線。

『道の駅木の香』を通り過ぎ、しばらくして分岐し、
高知県道40号線に入ります。
なかなかの険道。
対向車の行き違いもできない区間が続きます。
交通量が少ないことが救いでした。ていうか、対向車は2台でした。
長沢ダムを左に見ながら進み、瓶が森林道を経て、
ようやく『土小屋』に到着。

石鎚神社土小屋遙拝殿に参拝して、早登山口へ。
よく整備された道で、木の階段なども付けられているので、
危険な場所は特にありません。
簡単に二の鎖小屋まで行けちゃいました。

ここからは成就コースと同じですが、二の鎖から頂上まではあっという間です。
頂上(弥山)の広場にはかなりの登山者がいましたが、
残念ながら周囲はガスに覆われて良い状況ではありません。

さて、ここからが本題。
『天狗岳』に向かいます。

まず、広場奥の岩の陰から鎖がぶら下がっているので、
鎖をたよりに、岩に足をかけながら、4mほど下るのですが、
朝からの断続的な雨で岩が濡れてすべりそう・・・

みなさん覗き込んでは、「今日はムリだな」と言って帰っていきます。

私の場合、『天狗岳』に登るためにここまでやってきたのだから
帰るわけにはいきません!

ガスで周囲が見えないことが幸いし、恐怖心もありません。
岩稜伝いに進み、前回断念した垂直の絶壁の場所まで楽に行けました。

そこでは、ベテランの方の指示に従いながら、
山ガール達が岩にへばりついているところでした。
一足ごとに滑って身動きが取れなくなっている姿を見てしまい、
悲鳴とともに数人の男子があきらめて引き返していきました。

そこで見つけたのが、樹木の中を登るルートです。
木の幹や枝を手がかりに斜面を登れば、危険を感じません。
わざわざ、絶壁の向こう側を見ながら、岩肌を横切る必要は無いのです。

一旦、斜面を下って岩を迂回し、天狗岩の真下の斜面の
樹林の中を登るイメージです。
実際、迂回ルートとして使われているようで、
足場もあって登りやすいです。
ご老人も私の後についてきて、感激していました。
「あきらめかけていたのに、まさかこんな道があったとは・・・」

『天狗岳』のほこらの周囲はしっかりしています。
岩によじ上って西日本最高地点を堪能しました。
ちょっとずるいようですが、安全第一っす!!
ついに西日本最高峰を極めました!!!

あとは帰るだけ。
足下は泥だらけになりましたが、ご老人も喜んでくれたし、よかった。
スポンサーサイト

新米登山者の2011シリーズ

2011

2011年は北アルプスや富士山に挑戦。
瀬戸内周辺の山よりも当然、長く歩くことになるし、
それだけ天気も変わりやすいということ。
山小屋に泊まることにもなるので・・・

いろんな部分で、2010年からレベルアップ。




【2011シリーズ】

帽子         :【Columbia】パッカブルハット
アウター(雨具・防寒):【Columbia】ヴィエントジャケット
アウター(雨具・防寒):【Millet】レインシールド?パンツ
ミドル        :【Marmot】アドバンストウール ロングスリーブ
ベース        :【Columbia】シンダー バレー1/2ジップ
トレッキングパンツ  :【Columbia】ウッドブリッジパンツ
インナー       :【mont-bell】ジオライン L.W. トランクス
ソックス       :【THE NORTH FACE】トレッキングソックス
トレッキングブーツ  :【Columbia】サンギルオムニテック
バックパック     :【GRANITEGEAR】ブレイズAC60
トレッキングポール  :【CAPTAINSTAG】トレッキングステッキT型
寝具         :【Sea to Summit】シルク・トラベルシーツ



軽量・コンパクト!
「コロンビアのパッカブル ハット(モレロバケット)」
携帯に便利なパッカブル仕様で、
軽くてポケットの中にも収まります。
しっかりと雨をはじいてくれるし、
サンプロテクション機能もあるので、
紫外線からも守ってくれます。


これも軽量・コンパクト!
「コロンビアのヴィエントジャケット」
とにかく、軽くてやわらかな着心地です。
表地は軽量で、耐久撥水加工が雨をはじきます。
裏地は薄手起毛のフリースで保温性に優れていてあったかい。
風も防いでくれるので、薄くて軽いのにその機能性に驚きです。
デザインも落ち着いていて、動きやすいので、
山だけでなく、街でも気軽に使えます。


コストパフォーマンスで選びました。
「ミレーのレインシールド?パンツ」
防水透湿性に優れた超軽量2.5Lカラーコーティング素材を
使っていてとにかく軽い。履き心地も良く、
雨天時、長時間使用しても気になりませんでした。


カラーリングがすてき
「マーモットのアドバンストウール ロングスリーブ ジップ」
吸湿性、保温性に優れたアドバンスウールを使用した
ハーフジップシャツです。
伸縮性があり、動きやすい。


好日山荘でみつけた
「コロンビアのウッドブリッジパンツ」
しっかりとした丈夫な作りで、やわらかい履き心地。
天然素材のような風合いが、街で着たとしてもグッド!
ストレッチ性があるので、動きやすいです。
カーゴタイプなのでポケットが大きくて使いやすい。
暑い時は、ジップをはずして、ショートパンツにしています。


通気性の良いものを探して
「モンベルのジオライン L.W. トランクス」
乾性、保温力、制菌効果、ストレッチ性、静電気軽減機能の
ジオラインアンダーウェア。
軽量で速乾性に優れているので、オールシーズン活躍する
汎用性の高いモデルです。


登山靴は、グリップ力とデザイン性と履き心地で選びました。
「コロンビアのサンギルオムニテック」
防水透湿機能“オムニテック”により、天候に左右されずに
アクティブな動きをサポート。軽くてクッション性も良い。
オムニグリップというソールのグリップ力もしっかりしていて、
山道や岩場でツルッと滑ることが無く、安心して歩けました。


一泊するような山行用に大容量のバックパックを探しました。
「グラナイトギアのブレイズAC60」
超軽量で大容量。
この分野で最先端の軽量でかつ丈夫な素材で構成されています。
ヒップベルトもクッションが包み込むようにフィットします。
なによりデザインが気に入って購入。
使ってみるほどわかるのですが、シンプルな作りだからこそ、
様々な用途に対応できて、自分でカスタマイズする楽しみも増えます。
丈夫だし、長く使えそうな優良品です。


山小屋泊のために・・・
「シーツーサミットのシルクライナー・トラベルシーツ」
山小屋の布団で寝る時に、このシルクのシーツにくるまると
心地よくて快適です。
畳んでケースに入れればコンパクトなので、荷物にならないし、
使い勝手も良いです。

伯耆大山登山

2011年5月

鳥取県の【伯耆大山(ほうきだいせん)】1729mを登山。

まずは車で大山寺を目指して出発。
大山寺は、伯耆大山の山麓にあり、夏山登山口に近い。
周辺には宿望や旅館、大山情報館など施設多数。

米子道米子ICで下り、県道24号線を大山方面へ。約12kmで大山寺。
岡山市内からは高速道路を利用して、約2時間程です。

大山寺橋から伯耆大山

博労座駐車場というかなり広い駐車場があります。
道中の道路も広く、しっかり舗装されているので車でも安心です。

駐車場に車を停め、大山情報館で出発の準備。
旅館やお土産物売り場が向かい合う通路を少し進み、
右に曲がると大山寺橋がみえます。
渡る手前、橋のたもとにはモンベル大山店もあります。

大山寺橋

橋を渡ると、そこにも広めの駐車場があり、トイレもあります。
どちらかというと、こちらの方が登山者メインの駐車場のようです。
トイレの建物前には、登山届けのポストもあります。

その駐車場から道路沿いに進むと、
左手に夏山登山道の道標がみえてきます。
石段を登っていくと阿弥陀堂(あみだどう)への分かれ道に着く。
道標があるのでわかりやすいと思います。

ブナ林の中を右手に阿弥陀堂を見ながら階段を上っていくと
一合目に着きます。
丸太の階段がこの先も続くのですが、段差もばらばらで、
幅の間隔が大きいものが多いように感じます。
そのため、歩幅が広くなりがちで、足へ負担がかかります。
意識して歩幅を狭め、段差の低い箇所を選びながら進んでみるのも
面白みがあり、結果として楽なようです。

しばらくそのような急坂を上っていくと、
六合目の非難小屋が見えてきます。
ここにはベンチがあり、「北壁」や「三鈷峰」が見える絶景ポイントです。

少し、休憩し出発しようと思ったのですが、
非難小屋のすぐわきから登山道に残雪があります。
どこまで雪が残っているのか?そこからでは先がうかがい知れません。
滑って転ぶのもはずかしいので、
いさぎよく『スノーピークの軽アイゼン S086』を装着しました。

ただでさえ、上りにくい斜面に雪が積もり、
段差が見えなくなっているので、踏み固められた雪も斜めで滑りやすい。
一歩一歩足元を踏みしめながら進みました。

どこまで雪があるのか不安でしたが、
結局、登山道の残雪はこの付近の約三十メートル程で二箇所のみでした。

六合目を過ぎると傾斜が増しますが、
展望もひらけるのでわりと気持ちよく進めます。
しだいにごろごろした岩のガレ場となり、
一段と険しくなりますが、もうひとふんばり。

風が強く感じてくるころ、木道の登山道に変わります。
ダイセンキャラボクの中を進みながら進むのですが、
この頂上までの木道がけっこうきつい。

ダイセンキャラボクと木道

頂上非難小屋が見えてきたらもう頂上は目の前。
非難小屋をぐるっとまわった裏側に頂上の石碑があります。

大山山頂石碑

伯耆大山(弥山)山頂に到着。

山頂より剣ヶ峰

上空は晴れていましたが、とにかく風が強く、
手の感覚がなくなるほど寒い。
運動した後なので、半そでシャツ一枚でも無理ではないですが、
長時間滞在するのはつらいでしょうね。
お弁当を食べたかったので、『ヴィエントジャケット』を羽織って
防寒対策。快適です。

多くの人は石碑付近の広めのスペースに座り込んで休憩していますが、
風がきついので、落ち着ける場所を探してみました。
山頂から木道を下り、分岐を左に降りて約100mで大神が祀ってある
石室があります。
ここは一面残雪が残っていて得した気分に。
そこから、ガレ場に少し入ると一面パノラマの空き地がありました。

北西方向の景色を眺めながら、昼食。
残念ながら黄砂の影響で日本海までは見えませんでした。

おなかも落ち着いたので、下山を開始。
登ってきた夏山登山道を下ります。
段差が激しいので、足下に気をつけながら一気に下りました。

まだ、五月ということで登山者は少ないのですが、
夏場になってくると登山者が激増します。
そうなると、上りと下りが同じ夏山登山道は渋滞します。
特に、六合目から山頂にかけては道が狭いため、
行き違いの為に待つことが増えるのです。

この日は、スムーズに六合目手前まで下れましたが、
そこに、この日最大の難所、前にも記した残雪ポイントです。

前を進んでいた単独登山のおばさまが、
「お先にお願いします」と言われたので、
内心焦りましたが、『軽アイゼン』を装着しないまま、
雪に踏み込みました。

ああああああああああ・・・
みごとに滑った・・・

どうせ下りるのだから同じですが、つるっと尻餅をついてしまい、赤面。

後方から、先ほどのおばさまが「気をつけてくださ~い」と
声をかけてくれましたが、笑うしかありませんでした。

帰ったら、「登山靴のレベルアップを考えよう」と誓ったのでした。

六合目の避難小屋を通過すると、間隔の広い丸太の階段になります。
歩幅を大きくして、ぐんぐん下れるので私は好きです。

二合目付近で、中学校の登山合宿一行に遭遇。
行き違う際に、「こんにちは!!!」とひとりひとりが挨拶を
してくれるので、ちょっと大変・・・

ゆうに100人以上いるから“挨拶”がいったいいつまで続くのかと苦笑。
元気いっぱいの子がいたり、
「あたし、もう帰る」と駄々をこねるお嬢様がいたり、
それをなだめる子分の男子がいたりと、
いつの時代も変わらないなぁ~なんて思いながら
やり過ごしていると程なく、登山口に到着。

下山届けを出して、駐車場へ。



【行動タイム】
06:25 岡山IC
08:00 米子IC
08:30 大山駐車場
08:50 夏山登山口
09:03 一合目
09:25 三号目
09:34 四合目
09:50 五合目
10:10 六合目 避難小屋
10:28 七合目
10:44 八合目
11:05 山頂到着
12:00 下山開始
12:20 六合目 避難小屋
10:25 五合目
13:10 夏山登山口に到着


ルパンの奇岩城(きがんじょう)

【ルパンの奇岩城(きがんじょう)】

推理映画「ルパンの奇巌城(きがんじょう)」(秋原正俊監督)が公開。
ルパン役を声優の山寺宏一さん、探偵役を岩田さゆりさん、
大学教授役をウド鈴木さんが演じている。

同作は、フランスの小説家モーリス・ルブランの
「怪盗アルセーヌ・ルパンシリーズ」の一篇「奇巌城」が原作。
『奇巌城』怪盗ルパン全集 (ポプラ文庫クラシック)

ノルマンディーのジェーブル伯爵邸で起こった
殺人事件と絵画の盗難事件の影に、アルセーヌ・ルパンが・・・
その事件の謎を高校生探偵イジドール・ボートルレが次々と解き、
ルパンを追い求めていくうちに、暗号解読やフランス王家の財宝の
ありかをつきとめていくという冒険物語で、
舞台は、フランス・パリの北西、ノルマンディーのコー地方
(ルーアン、ル・アーブル、ディエップを結ぶ三角地帯)なのですが、

この「ルパンの奇巌城(きがんじょう)」という映画は、
なんとその舞台を現代の日本にもってきています。

ロケ地は弘前市と八戸市、姫路市、岡山県の岡山市、高梁市など。

原作のストーリーや登場する城、ルパンの隠れ家をどのように日本に
置き換え、アレンジしているのかがとっても気になる楽しみな作品です。

アルセーヌ・ルパンファンとしては、ぜひ見なくては・・・

心配なのは、小さな配給会社だから公開劇場が少ないこと!!
ヒットすれば拡大公開できるかも・・・
ガンバレ!!!

ルパンの奇巌城 公式ページ
http://www.kaerucafe.co.jp/lupin/

日本のアウトドア用品メーカー

メイド イン ジャパン

経済の歯車を良い方向に廻すために、
国産品・日本製の購入だぁぁぁ!とまじめに考えてみたけれど、
日本のアウトドア用品メーカーをあんまり知らない・・・
Mont-bell(モンベル)ぐらいしか・・・

というわけで、
舶来品に押されぎみの日本のメーカーをいろいろ探してみました。



登山・アウトドア編

snow peak(スノーピーク)
株式会社スノーピーク
本社所在地:新潟県三条市
アウトドア用品、ナチュラルライフスタイルプロダクツ製造販売  
《1958年、金物問屋として創業。
創業者が自らの手と脚で高き頂きを目指す過程で、より使い勝手が良く、
より信頼性の高い道具が欲しいというごく自然な欲求が生まれ、
クライミングギアの開発を始める》
「仮説-検証」で高品質を追求するメーカー。
スノーピークのチタンシングルマグ


finetrack(ファイントラック)
株式会社ファイントラック
本社所在地:兵庫県神戸市
アウトドアウエア・用具の企画、製造、販売
《2004年、「どこにもないまったく新しいモノを」という思いで
住宅地の一軒家からのスタート。
日本でのモノ創りにこだわっている国産メーカー》
そのこだわりがうれしいです。
ファイントラックのナノタオル


UNIFLAME(ユニフレーム)
株式会社ユニフレーム
本社所在地:新潟県燕市
バーナーほか各種キャンプ用品の製造
《「ユニークな炎(フレーム)を創造する」という理念のもと、
1985年に創設》
ユニフレームのファイアグリル


Mont-bell(モンベル)
株式会社モンベル
本社所在地:大阪市西区
アウトドアスポーツ用品の企画、製造、販売
《1975年、3人の山仲間により設立。
以来”Function is Beauty”をもの作りのコンセプトに、商品開発。
モンベルの歴史は、近年のアウトドア用品の進化の歴史》
“日本のアウトドアの総合メーカー”ですから、
とにかくアイテムが豊富です。
モンベルのサンダーパスジャケット


LOGOS(ロゴス)
株式会社ロゴスコーポレーション
本社所在地:大阪市住之江区
スポーツ用品製造及び販売
《1928年、大阪市港区で船舶用品問屋大三商会を発足。
「Enjoy Outing」を合言葉に、様々なアウトドアスタイルを提案する
アウトドア総合ブランド》
ロゴスの7WAYショベルツール


CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)
パール金属株式会社
本社所在地:新潟県三条市五明190番地
キッチン・リビング用品、アウトドア・レジャー用品の企画・製造・販売
《使いやすさ、購入しやすさを第一に考え、総合的な商品展開をする
アウトドア総合ブランド》


EVERNEW(エバニュー)
株式会社エバニュー
本社所在地:東京都江東区
アウトドアなどのスポーツ用品の製造・輸出入
《1923年、東京都台東区で金属運動具製造卸、増新商店を創業》
エバニューのチタンクッカー


CARAVAN(キャラバン)
株式会社キャラバン
本社所在地:東京都豊島区
軽登山靴、アウトドア用品の製造、輸入、販売
キャラバンのトレッキングシューズ


NANGA(ナンガ)
株式会社ナンガ
本社所在地:滋賀県米原市
シェラフ・ダウン等、登山用品、キャンプ用品製造販売
ナンガのオリジナルナノポータブルダウンパンツ


ISUKA(イスカ)
株式会社イスカ
本社所在地:大阪府富田林市
寝袋・シュラフなどの登山用繊維製品の製造・販売
イスカのスタッフバッグキット(4マイセット)


mountain dax(マウンテンダックス)
株式会社ダックス
本社所在地:東京都葛飾区
登山、パラグライダー、スキー用品の製造、輸入、販売
マウンテンダックスの6本爪アイゼン


NIPPIN(ニッピン)
日本用品株式会社
本社所在地:東京都千代田区
アウトドアスポーツ用品 販売・輸入・製造

Magic mountain(マジックマウウンテン)
株式会社マジックマウンテン
本社所在地:埼玉県新座市
登山用品の開発、卸、販売

MIZUNO (ミズノ)
ミズノ株式会社
本社所在地:大阪府大阪市
スポーツに関わる製品の製造、卸売、販売

MIZO(ミゾー)
有限会社ミゾー
本社所在地:埼玉県草加市
登山用品、窓ガラスの清掃用品、ピッケルの製造、販売



食品編

AMANO FOODS(アマノフーズ)
天野実業株式会社
本社所在地:広島県福山市
加工食品の製造
フリーズドライ加工の最大手。
アマノフーズの香るチキンカレー


サタケ
株式会社サタケ
本社所在地:広島県広島市西条
食品産業総合機械及び食品の製造販売
食品加工機総合メーカー。
サタケのマジックパスタ カルボナーラ


アルファー食品
アルファー食品株式会社
本社所在地:島根県出雲市
食品の製造・販売、食品添加物の製造・販売、海産物の加工、販売
防災用品として注目されるアルファ化米のお赤飯や炊込みごはんを
製造しているメーカー。



テント編

ARAI TENT(アライテント)
株式会社アライテント
本社所在地:埼玉県所沢市
テント、シェルター等の企画、製造、販売
アライテントのエアライズ2


ogawa campal(小川キャンパル)
株式会社小川キャンパル
本社所在地:東京都江東区
各種宿泊用キャンプテント及びキャンプ用品の企画・製造・販売
小川キャンパルのステイシーST


プロフィール

きゃんさん

Author:きゃんさん
【特徴】
■性別:男子

気になると旅立ちます。
さびれた温泉街
伝説・伝承の土地
最端の地等

最新記事

最新コメント

Copyright © きゃんさん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。