スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

那岐山登山

2011年4月

岡山県奈義町の【那岐山(なぎさん)】1255mを登山。

まずは車で那岐山麓 山の駅・山野草公園を目指して出発。
国道53号線を鳥取方面に走り、
『国立公園那岐山・菩提寺』の看板を左折する。
少し走ると、右手に朱色の三角屋根が見えてくる。
トイレ、売店、レストラン等があるので、登山前の準備。

その『山の駅』から車で800mほど走ったところに分岐点があり、
左の林道を上がるとすぐに第一駐車場(約15台)があります。
さらに進むと第三駐車場(約10台)がありますが、
ここが登山口に一番近いため、満車の可能性が高いです。
Uターンするスペースも埋まっていることがあるので、
時間が遅い時は潔く、第一駐車場に停めるのが無難だと思います。
また、林道ではない分岐のもう一方の側道に
第二駐車場(約7台)があります。
トイレもあり、道も広く空いているので使いやすい駐車場。穴場かも。
(付け加えておくと、第三駐車場付近以外は、道路は広く、
しっかり舗装されているので気軽に車で出かけられます。)

第一駐車場に車を停め、『蛇淵の滝遊歩道』を登り下りして、
登山道入り口に到着。
那岐山の登山コースは
A・菩提寺(4.3km、3時間)
B・蛇淵(4.1km、2時間30分)
C・大神岩(3.7km、2時間)の3コースがあるようです。

登山口から少し進むと
『B・蛇淵コース』と『C・大神岩コース』の分岐があり、
僕は距離の短いCコースに入りました。
登山道は整備されていて歩きやすい。
林の中を早いペースで登っていくと約30分で『大神岩』に到着。
少し休憩して、森林の中を蛇行しながら登ります。
1070m付近の日陰には、ところどころ雪が残っていました。

那岐山山頂付近笹原

森林を抜け、少し急な斜面を登ると稜線にでます。
展望の開けたなだらかな笹原の中を進むと、
三等三角点のある那岐山三角点峰に到着。

那岐山三角点峰から

360度の展望のよい広めのスペースなので、
いくつかのグループがそれぞれ座って昼食をとっていました。
木造のトイレもあります。

那岐山山頂縦走

そこから北東に縦走すると最高峰の那岐山山頂に到着。
三角点峰の広場より狭いが、ここも360度の展望が楽しめます。

那岐山最高点

那岐山最高点から

道中、急ぎ足のおじさまから古事記に記載の神々を祭った
『那岐神社』についての話を伺った。
頂上付近に痕跡があるらしいのだが・・・
わからなかった・・・
どうやら違うみたい。また、後日しらべてみよう。

下山は迷いましたが、せっかくなので北東の稜線を下る
『B・蛇淵コース』を選びました。

山頂から少し進むと稜線に雪が残っています。
不安に思いながらも、さらに下ると・・・
一面真っ白。やばいかも・・・

那岐山雪の道

滑るのも嫌だけど、なにより道がわからない。
あきらめて引き返そうと思っていたら、
後からやってきた初老の夫婦がその雪の中を
サクサク下っていくではありませんか!?
これも経験だと思い直し、あとを追いかけて
僕も雪の中を下る事にしました。

よくみるとところどころ、靴の形に踏み固められた場所があり、
その跡をたどれば、いけそうです。
慣れてくると、これはこれで楽しくて雪を踏みしめる音が心地よい。
新米登山者にとっては、よい経験になりました。

そんなふうに下っていると、A・Bコースの分岐点に到着。

Bコースは南に下っていきます。
ここで新たな難関ですが、急な斜面の登山道が雪解け水で
ちょっとした川になっています。
水がかからないように股を広げて歩きました。
流れが落ち着いた場所でも、水たまりばかりなので、
もたついてしまいました。

蛇淵コースに2、3箇所このようなゲートが・・・
那岐山蛇淵コース

森林帯をジグザグに下ると
五合目付近に『A・菩提寺コース』との分岐ががあり、
さらにジグザク下っていくと、水音が強く聞こえるようになり、
右下に蛇淵の滝に繋がる川の流れがみえてきます。
山腹を下り、木の橋を渡るとCコースとの分岐点にようやく到着。
Bコースは思った以上に距離を感じました。
さらに少し下って登山道に到着。

「下山タイムの記録を更新した!」という元気なおじいさまと
談笑しながら駐車場へ。



【行動タイム】
07:30 岡山市出発
09:30 那岐山山の駅
09:45 登山を開始
10:00 分岐に到着 山頂まで2.5km
10:10 山頂まで2.1km
10:30 大神岩到着
10:45 山頂まで1.1km
11:20 三角点のある山頂に到着
11:30 西のピーク、最高点1255mに到着
12:15 下山を開始
12:36 分岐に到着
13:20 登山口に到着



スポンサーサイト

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://agmour.blog65.fc2.com/tb.php/10-1545786f
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

きゃんさん

Author:きゃんさん
【特徴】
■性別:男子

気になると旅立ちます。
さびれた温泉街
伝説・伝承の土地
最端の地等

最新記事

最新コメント

Copyright © きゃんさん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。